読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者エイターのひとりごと

初めてペンライトを振るまでとそれから

特典映像について

次に関ジャニ∞のCD、DVDで何を買うか調べる時にウィキペディアや既に購入されている方のブログなどを参考にします。

まず驚いたのは収録時間。当時のセットリストも合わせて確認するのですがアンコールカットもほぼ無くまるっと収録されているようです。先に購入しているJUKE BOXや十祭を見るとMCもかなり長く収録されています。実際に見た公演ではないのでもっと長かったのかもしれませんがあれだけ長いのにはびっくりしましたし、内容も面白く同じ話なのにリピートした時も飛ばさずまた見てしまいます。

前にも書きましたがエンドロールも編集やRemixが凝っていて見て楽しいです。調べてみると初回盤と通常盤で違う場合もあります。エンドロールを全部集めてまとめたものを発売してくれたらと後々思うことになるくらいエンドロール好きになりました。

話は逸れますが、もともとエンドロールは好きです。スピッツのDVDエンドロールで映像自体は黒バックに名前などが流れていく普通のものですが、音がマサムネさんの流れ星弾き語。正式に録音というよりぽろぽろと弾きながら呟くように歌っており、周りでは普通に話しているメンバーの声?らしき音が聞こえる。このエンドロールも大好きです。

その長い本編以外にも初回盤には色々と特典映像があるようです。MC集、メイキング、罰ゲームなど。合計で何時間という単位のものもあります。想像がつきません!どれを買うか迷いますが、そこは初回盤。すんなりと定価で買えるものはあまりありませんでした。

なんとか初回盤DVDがまだ購入できるJUKE BOXを買うことに決めました。やはりライブ中やBlu-rayにも触れられていた罰ゲームは押さえておきたい。

ひと月でこんなにライブDVDを買うのは初めてです。今まで足を踏み入れていなかったジャンルでもあるので遡って映像を見るのが楽しみにになりました。今まで見てなくて勿体無いとは思いますがそれは仕方がないことなので今できることを楽しみます。